あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師によるワンランク上の施術を体験しよう。

鍼灸で保険が適応される場合

医師へ相談してみる

一般の医療機関では、「療養の給付」という形で保険が適用されます。一方鍼灸マッサージには、「療養費の給付」という形で、保険が適用されています。 つまり、医療機関で行われた全ての医療に健康保険が適応されるのに対し、鍼灸治療には、支給される療養費が決まっていて、全ての施術に適用されるわけではありません。


医療法で決められている「鍼灸の療養が必要だ」という病気と、それに似た症状の場合、「鍼灸の治療が有効だ」という医師の診断書がある場合に保険適応ができます。 ですから、鍼灸治療を受けたい場合は、医師に相談してみるのがお勧めです。


参考までに、鍼灸が認められている病名をご紹介しましょう。
神経痛・リウマチ・頸腕症候群・五十肩・腰痛等・頸椎捻挫後遺症(むちうち等)です。


手順について

保険適応の手順は以下の通りです。


まず、施術を受けようという鍼灸院で保険治療を受けたいと申し出て、医師の同意書の用紙をもらってきます。


次に、その同意書を整形外科に持っていき、医師に記入してもらいましょう。また、整形外科に先に行った場合は、鍼灸院の同意書の代わりに、病名・症状・発症年月日・鍼灸治療が有効、と書かれた医師の診断書を貰いましょう。


そして、医師に記入してもらった同意書や指定事項の書かれた診断書と健康保険証と印鑑を持って鍼灸院に行きましょう。あとは、鍼灸院が手続きを行ってくれますので、健康保険の自己負担額で鍼灸治療をしてもらえます。


但し、健康保険で、医師の治療や薬剤師の投薬を受けながら、鍼灸治療を受けるような、併給治療は認められていませんので、健康保険で鍼灸治療を始めたら、もう医師の保険適応治療は受けられませんので、ご注意ください。